見学時に確認しておきたい欠陥の有無

中古物件の場合、不動産広告に記載されない内容もあり、価格以上にチェックが必要です。
例えば、建物の維持管理状況、設備の傷み具合も一例で、外壁や屋根、基礎や土台は一戸建て住宅に必要ですが、一方、マンションでは外壁や共用廊下などはひび割れなど、欠陥の有無や改修すべき箇所をチェックします。
もちろん、傾きなどは高層マンションであれば重要視すべきで、劣化状況は築年数が大きく関与しますが、ホームインスペクションを依頼する方法で安心感も得られます。
また、ライフスタイルまで確認できるのは、住人在住時の見学時ですが、設備や内装の欠陥に気付いても、その場で指摘せず、後で不動産会社の担当者に相談する配慮も中古ならではの見学マナーです。
この時、購入してリフォームする計画案があれば、希望通りの施工ができるか担当者に確認は可能です。
というのも、法律や条例での制約縛り、建物の構造上でリフォーム不可となるパターンもあるためです。