更新料や更新事務手数料がかかるケース

賃貸の契約の方法として、期間を定めて行う契約と定めない契約があります。
定めるときは2年契約が多いです。
2年の契約期間が終わると更新するかどうかの判断が必要になります。
定めがない時は、特に更新などはないので、利用者が利用したいだけいつまでも利用することができます。
更新においても、ただ更新の定めがあるだけの所もあれば、更新時に更新料が必要になるところもあります。
更新料の他に更新事務手数料と呼ばれる費用が追加されるときもあります。
関東地方で多く近畿地方では少ないとされますが、近畿地方の中でも京都は例外です。
京都は更新に関しては関東地方に近い扱いをしています。
更新時期の数箇月ぐらい前に大家から更新をするかどうかの判断を迫られ、更新するなら更新料を払うように言われます。
賃料の1箇月から2箇月分ぐらいが多くなります。
更新をしないなら払う必要はありません。
更新をしたいが払わないと、退去手続きを取られることもあるので、注意しないといけません。