敷引きと呼ばれる制度があることを知る

賃貸物件を利用するとき、地域差があることを知っておきましょう。
同一地域で利用を変えるときは特に意識する必要はありませんが、転勤などでこれまで住んだことない地域に行くときは意識した方がいいでしょう。
必要なのに無理に値引きなどを要求すれば入居を断られます。
ある地域にはあって別の地域にはない費用があります。
関西地方で良く聞く費用として敷引きがあります。
敷金とよく似た言葉なので勘違いする人も多いです。
言葉が似ているだけあって、目的や意味合いは近くなります。
まず敷引きの一部は敷金の役割を持っています。
ですから将来的に返してもらえます。
しかし敷金のように全額返してもらえません。
敷引きは、予め一定額を差し引いて退去時に返還することを約束する保証金になります。
30万円を支払って、そのうち10万円を差し引くとなっていたら、多くて残りの20万円のみしか返してもらえません。
もちろん滞納があったり原状回復費の支払いなどとして別途控除されることもあります。