仲介手数料を払う必要があるとき

不動産を利用するとき、不動産業者に仲介をしてもらったら仲介手数料を支払う必要があります。
その名の通り不動産業者の儲けの源になります。
ただ、いくらでも取っていいわけではなく、売買や賃貸においては一定の上限が決められています。
基本的には上限いっぱい請求されることが多いです。
賃貸物件の仲介をしたときも仲介手数料があります。
借主に一定額を求めてくることが多いですが、そもそも仲介なので当事者は貸主と借主になっています。
上限に関しては、両者に対しての上限なので、業者としてはどちらにいくら請求するかは上限の範囲内で決めます。
半分ずつにしているところもあるようです。
多くは借主の負担になっていますが、あまり人気が無くて入居者が見つかりにくい時は、貸主が全額負担をして手数料を無料にしているところもあります。
仲介手数料が無料だからとお得なように感じますが、借りられにくい物件の可能性もあるので注意しておきましょう。
業者によっては、低めに設定りているところもあります。